CBDとは?

CBDとは

CBDは大麻植物に含まれる有効(カンナビノイド)成分のうちの一つのカンナビノイド成分です。

CBDは現在、最も薬理効果を期待されている非精神活性化合物で、簡単にいうとリラックス効果が期待できる成分となります。

CBDは大麻成分のうち約40%を占めると言われ、日本でも合法で使用が認められております。現在CBDの魅力は医療、食品、化粧品、など様々なジャンルで注目されています。

大麻草(マリファナ)というと世間一般的には違法薬物であったり、いわゆるハイ状態になったり幻覚をみたりするのではないかというイメージがあるかもしれませんが

一般的に大麻の作用として知られる成分はTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。THCは精神活性作用(多幸感など)があると同時に、こちらは日本では厳しい法律が定められています。

 

CBDに期待されている効果/効能

人間や動物の体内には身体調節機能(ECS:エンドカンナビノイドシステム)いう

身体の発達と老化、認知と記憶、免疫調整、感情制御、運動機能、 神経保護など

様々な身体機能の調整を行っている機能があります。

このECSにCBDが働きかけます。

多くの臨床結果により下記のような効果がすでに証明されておりさらに研究は進められています。

・抗ガン効果・抗炎症効果・抗不安効果・鎮痛効果・神経保護効果・抗酸化効果・抗菌効果 

 

さて、もう少し私たちに身近な効果を説明すると下記のようなものがあります。

全ては紹介しきれないので特に注目されているものをピックアップしてご紹介します。

1. 癲癇(てんかん)/ 鬱(うつ)

CBDを最初に注目されたのがこの癲癇に効果があるということでした。

米国で深刻な癲癇だった当時5歳のシャーロットちゃんが現代西洋医学のあらゆる手をつくしても改善がみられなかったところ、精神作用成分のないCBD製品を試すと、数分後に癲癇が止まったという実話があります。

その後もシャーロットちゃんの癲癇は良好な経過を見せているそうです。

2. 不眠症

上記で説明している通り、CBDにはリラックス効果があり、自律神経を整え心の不安を取り除きます。

Twitterで調べてみるとCBDを寝る前に摂取することで睡眠の質が改善されたという意見を多数みることができます。

3. 偏頭痛

現代人の4人に1人が悩まされていると言われる頭痛。その辛い頭痛にもCBDの効果が期待されています。

CBDオイルには優れた鎮痛効果があり、そんな頭痛全般に効果が期待出来ます。

とくに片頭痛や緊張型頭痛は、主に肩凝りや体の筋肉の炎症によって症状が悪化しますが、CBDには細胞の炎症を抑える「抗炎症作用」もあるので、筋肉の緊張による頭痛の悪化を予防するのにも役立ちます。

また、リラックス効果もあるので緊張をほぐし、頭痛を和らげてくれます。

頭痛に対する実感をしている意見もtwitterで調べてみると多数出て来ます。

4. 肉体疲労/筋肉痛

CBDはスポーツ業界でもすでに注目されています。

これもCBDが持つ痛みや炎症に効く効果や、リラックス成分などが作用しており

スポーツ後に使用する軟膏などが発売されています。

しかしここで注意したいのが

確かに「CBDを軟膏として筋肉に擦り付けたり、経口摂取すると炎症を軽減」はしますがまだ実証データは少ないので科学的根拠を元に現段階で言えることはこの程度になります。

「ワークアウト後の回復時間を半分に削減する」
「信じられないくらい体のダメージが引く」
「筋トレの効果を倍増させる」

 などの謳い文句は誇張されているものになるので全てを鵜呑みにしてしまうのはあまり芳しくありません。

 

海外におけるCBDの使われ方

CBDの使用が先進的な海外、特にアメリカなどではCBDの使われ方が多岐におよんでいます。海岸沿いの地域では、アップルストアのCBD版のストアのようなものまでスタイリッシュで大型の店舗も出店されており、その普及に驚きます。

アメリカで販売されている主な商品は下記の通りです。

・オイル

- 最も一般的な使用方法であり、経口摂取が主になります。吸引タイプが苦手な方にも最も使いやすい形です。

・Vape(ベイプ)

- 煙を吸引してCBDを摂取するタイプであり、CBDオイルのベタつきが気になる方や普段から喫煙されている人に愛用されているタイプです。

・食品

 - CBD入りのグミやガムなど、手軽に楽しめるものから、ピザの上にCBDオイルでかけたり、コーヒーにCBDオイルを混ぜるといった形で販売されており、仕事に集中したい時に手軽にといった意図や、オーガニック食品を普段から愛用している人がその延長で使用しています。

・サプリメント

 - CBDを最も簡単に摂取できるようにしており、さらに用途によって必要な成分を追加しているため、"朝起きた時はスッキリ出来るサプリ""寝る前は眠気を感じるサプリ"といった形で使い分けをしながら使用されています。

・ペット用オイル

 - 意外かと思いますが、ペット用製品も出ており、主な使用用途としては、不安症の子に与えるといったものになります。先に記載した通り、CBDには不安を抑制する効果が期待されているため、すぐに不安で吠えてしまう子などに使われる人が多いようです。

 

 日本におけるCBDの使われ方

日本ではまだまだアメリカなどの海外ほどCBDが普及していませんが、徐々に情報感度が高い人たちの間で使われはじめています。

・オイル

- ヨガなどのメディテーション時に合わせて使われる方や、女性で生理痛の抑制に使用されている方が多い印象です。

・Vape(ベイプ)/ シーシャ

- 最近は、CBDリキッドを街のVapeショップで見かけることも多くなりました。元々Vape(ベイプ)を使用していた人たちが、新しいリキッドとして嗜好品として利用されているようです。また、似たような形でシーシャにCBDのパウダーやオイルを入れて利用されている方も増えてきています。

日本におけるCBDに関する法律

国内では、一般的な大麻の使用は禁止されていますが、条件があり、「THCを含む」「大麻草の葉を使用したもの」が禁止されているだけであり、大麻成分のうちのCBDを大麻草の茎と種子から抽出したものについては合法と見なされています。

基本的に国内で流通しているものに関しては、上記のチェックを厚生労働省に受け、その後税関で商品の成分チェックなどをした上で法律的に問題ないと見なされた商品のみが輸入されています。

ちなみにですが、大麻と聞くとびっくりしてしまうかもしれませんが、身近なもので言うと「七味唐辛子」にも麻の種が使われています。気になる方はお持ちの「七味唐辛子」のボトルの成分表を見てみてください。

 

使用上の注意点

特に使用した上での事故や大きな悪影響に関しては観測されておらず、これはWHOのレポートでも示されています。ただし、個人的な意見としては、「運転前に使用することは控えて頂きたいです。」

使用する量によっては眠気を感じる可能性があるため(特に疲れている時など)吸いながら運転する、などは安全のためにやめておきましょう。

 

CBDはあなたの悩みとなる様々な状況に助け舟を出してくれるかもしれない

ここまでCBDの効果/効能を説明してきましたが

まだまだ実証データが少ないとはいえ、WHO(世界保険機関)も認める安全で身体の健康に確かに効果のある成分となります。

あなたが身体の不調や、精神の不安定を感じた時はCBDをお試しください。きっと、あなたの悩みを解決してくれると思います。

ちなみに筆者は、飲み会後にCBDオイルを摂取することで次の日の二日酔いの緩和を実感しています。

 

最後に

当サイトchloroo femmeでは厚労省認可を受けたCBDオイルを販売しています。CBDオイルは様々な摂取方法がありますが、推奨する摂取方法は舌下投与による摂取です。

 

 舌下投与はCBDの体内吸収効率が良い摂取方法で、ベロの下部分にCBDオイルを垂らし、60~90秒程度は飲み込まずに口の中に含んだ後飲み込みます。

この記事を読み少しでもCBDオイルに興味を持ってもらえましたら、chloroo femme内のCBD商品を是非お試しください。きっと満足してもらえると思います。

また、参考になったらぜひSNSでシェアして頂けると嬉しいです!!