CBDオイルのおすすめ人気ランキング7選【編集部厳選】

CBDオイルのおすすめ人気ランキング7選【編集部厳選】

目次

CBDオイルとは、大麻植物に含まれるCBD(カンナビノイド)という成分を配合したオイルの総称です。CBD自体は、WHOの調査や多くの臨床研究にて人体に対してポジティブな影響が認められており、海外では医薬品として認定されたケースもあります。(*1)

また、国内でも厚生労働省が正式に輸入を認可しています。(*2)
主に効果が見込まれる症状としては、不安てんかん、ガンなどが報告されており、目立った副作用などもないため健康目的での使用が進んでいます。(*3)

税関審査合格商品

CBDオイルは、CBDに加えてココナッツオイルやヘンプシードオイルといったCBDの摂取をより簡易にするためのキャリアオイルと混ぜて販売されており、国内でも楽天など大手サイトにて非常に多くの製品が流通し始めています。同時に、安くても鉛を含んでいる可能性があるものなど、品質については良いもの悪いものが玉石混合で販売されているのが現状です。少し前には、(米)エリクシノール社が輸入した商品を国内の法規定に則っていなかった可能性があるとして、販売停止するなどの事態にも繋がっています。(*4)


本記事では、
  • 第三者機関のテストを通過しており安全性の高いもの
  • 経口摂取が可能なもの
  • THC(違法成分)を一切含んでいないもの

に絞って、初めてCBDオイルを試す方にも安全に楽しんで頂けるよう編集部にておすすめ商品を選定しています。

総合ランキング

順位
1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
商品

Kat’s natural CBDオイル リラックス

Kat’s natural CBDオイル リラックス

商品詳細

CBD FX

CBD FX

商品詳細

CANNAPRESSO

CANNAPRESSO

商品詳細

HealthyTOKYO

HealthyTOKYO

商品詳細

値段
(税抜き)
¥5,500 ¥9,800 ¥18,500 ¥7,465 ¥12,420 ¥10,620 ¥8,820
CBD
含有量
300mg 500mg 1,000mg 300mg 1,000mg 2,000mg 400mg
おすすめな人&特徴

◆おすすめな人

CBDオイルが初めてな人におすすめ!

◆特徴

試しやすい価格帯なのに、100%オーガニック製法

◆おすすめな人

毎日の使い心地を求める方へ

◆特徴

CBDオイル特有の苦味もなく、数あるオイルの中でもかなり飲みやすいオイルです

◆おすすめな人

高濃度・高品質のCBDオイルを求める方へ

◆特徴

58項目の汚染物質検査と30項目の農薬検査を実施しており、安全性への拘りが高いブランドです。

◆おすすめな人

ブランドの安心感を重視される方へ

◆特徴

Forbesなどの著名な海外メディアでも紹介されているブランドです

◆おすすめな人

変わったフレーバーを求める方へ

◆特徴

“ブルーベリーパイナップルレモン”や”ライチレモンキウイ”など変わったフレーバーを扱っています。

◆おすすめな人

超高濃度オイルをお探しなら

◆特徴

医薬品レベルの製造方法のため品質基準を高く保っています

◆おすすめな人

日本らしいフレーバーが好みの人へ

◆特徴

ゆず、ハッカミントなど他では取り扱いの珍しいフレーバーです

ENDOCA ヘンプオイルドロップス

1位100%オーガニックなCBDを北欧から

初めてのCBDオイルどうしようかな、、、と迷っているあなたにおすすめなのがENDOCAのCBDオイルです!100%オーガニック、無農薬、非遺伝子組み換えの高品質なオーガニックながら、CBD 300mgで ¥5,500という試しやすい価格帯になっています。 さらに、CO2超臨界抽出という特殊な製法を用いてオーガニックヘンプより抽出しており、CBD以外のテルペンや必須脂肪酸・栄養素なども摂取することが可能です!

  • 金額:¥5,500(税抜)
  • CBD含有量:300mg
  • 製法:ブロードスペクトラム
  • フレーバー:ナチュラルフレーバー

HempMeds ヘンプオイルドロップス

2位オーガニック・遺伝子組み換え無しのヘンプオイル

CBDの値段も大事だけど、毎日使いやすいものが良いなあ、、というあなたにオススメなのがhempmedsのオイルです。オーガニック・遺伝子組み換え無しの製造など1位のENDOCA製品とほとんど製造法的には同じなのですが、更に飲みやすさがアップしています。また、安全性の担保には他社よりも更に気を使っており、なんと同一製品を3回テストすることによって検査の精度を向上させています。

  • 金額:¥9,800(税抜)
  • CBD含有量:500mg
  • 製法:アイソレート
  • フレーバー:ナチュラルフレーバー・バニラフレーバー

Social ヘンプオイルドロップス

3位高濃度・高品質のCBDオイルを求める方へ

CBDアイテムの中で最もポピュラーで使いやすく、配合するエッセンシャルオイルやココナッツオイルもオーガニックにこだわったオイルです。CBDオイル独特の苦味もせず、生活の中に取り入れやすいアイテムとなっています。安全性に関しても業界トップクラスで、特に検査段階において 58項目の汚染物質の検査と30項目の農薬検出検査を行っています。安心して利用してもらえる安全性の高いオイルになっています。

  • 金額:¥18,500(税抜)
  • CBD含有量:1000mg
  • 製法:アイソレート
  • フレーバー:ナチュラルフレーバー

Kat’s natural

ブランドの安心感を重視される方へ

Forbesなどの著名な海外メディアでも紹介されているブランドです。他のブランドと比較すると割高感はありますが、大手メディアの掲載実績という点でいうと国内で流通している商品の中ではトップクラスです。

  • 金額:¥7,465(税抜)
  • CBD含有量:250mg
  • 製法:アイソレート
  • フレーバー:オレンジ

CBD FX

変わったフレーバーを求める方へ

CBD FXは国内ではVapeリキッドのブランドとして有名ですが、海外では経口用のオイルも有名です!“ブルーベリーパイナップルレモン”や”ライチレモンキウイ”など変わったフレーバーを扱っており、他社ではあまり目にする事のないフレーバーが多いので、新しい味にチャレンジしてみたい方にはオススメです!

  • 金額:¥12,420(税抜)
  • CBD含有量:1,000mg
  • 製法:ブロードスペクトラム
  • フレーバー:ブルーベリーパイナップルレモン・レモンライムミント・ライチレモンキウイ

CANNAPRESSO

超高濃度オイルをお探しなら

ボトルの内容量は少ないのですが、CBDに関しては今回ご紹介している製品の中で最も多い製品になっています。商品の製造工程についても、医薬品グレードのプロセスで抽出したCBDを使用しているため比較的安全性が高いと言えます。

  • 金額:¥24,210(税抜)
  • CBD含有量:2,000mg
  • フレーバー:マンゴー

HealthyTOKYO

日本らしいフレーバーが好みの人へ

ゆず、ハッカミントなど他では取り扱いの珍しいフレーバーを取り合っているブランドです。また、原宿にもカフェ店舗を持っているためお近くに住んでいる方は店舗で気軽に商品を試すことも可能です。

  • 金額:¥13,050(税抜)
  • CBD含有量:400mg
  • 製法:ブロードスペクトラム
  • フレーバー:ゆず・ハッカミント

CBDオイルを買う前に知っておきたい事

女性

商品を選ぶ前に知っておいて頂きたいのですが、CBDについては使用する人によっては反応が大きく異なるという点です。大きな副作用が起きる可能性は低いですが、自分の身体の状態を知った上で、CBDがどう作用しているのか確認しながら慎重に使用してください。

CBDを選ぶときは何を見たら良いの?

第三者機関によるテストを受けているか?

現在、CBDはテストする場所に関しては厳密な規制はありません。ただし、第三者機関による証明がない商品には不安が残ります。国内で流通しているモノに関しては基本的に所持しているだけで逮捕されるような危険はありませんが、汚染物質が混在している可能性を考慮し、出来る限り厳密なテストを受けている製品を使用することをオススメします。

製法による違い

  • アイソレート:CBDのみを純粋に取り出した製法です
  • ブロードスペクトラム:CBD以外のたんぱく質やミネラル成分を含む抽出方法です
  • フルスペクトラム:THCを含む可能性のある手法で抽出した製品です。今回の記事ではご紹介していませんが、今後規制の対象となる可能性もあるためお気をつけください。

濃度ではなくCBDの含有量をみる

CBD含有量

多くの人が勘違いしているのですが、CBD製品において大事なのは濃度ではなく含有量です。基本的にはCBDの含有量が多く1日あたりの摂取量が多い方が効果実感を得やすいと考えられています。
アルコールを例に出して考えみると、アルコール度数90%の液体を一滴舐めるよりも、アルコール度数10%の液体を350ml摂取した方が酔いを感じると思いますが、これと同じイメージをして頂ければと思います。

1日にどれくらいの量を使用すべきか?

スポイト

基本的には医師に相談すべきですが、日本ではまだCBDは発展途上かつ医薬的な効果を謳うことが許可されていないため、身近に相談できる医師を見つけることは難しいかもしれません。その場合、1日に数滴からはじめ徐々に摂取量を増やしましょう。初めのうちは効果を実感することが難しいかもしれませんが、CBDは体内に蓄積させて行くことが重要なため徐々に使用量を増やしていくことで自分にとっても心地の良い摂取量を見つけることができます。また、長期間使用しており効果実感が薄くなってしまった場合は一時的に1週間程度使用をやめてから再開してみてください。

使用上の注意

  • 使用を避けるべきタイミング:人によっては眠気を感じる可能性があるため、運転中の使用は控えるようにして下さい。
  • 事前に医師と相談する:現在国内では医療品として認められているCBD製品はありませんが、もしかすると医薬的効果を期待してCBDを摂取される方もいるかもしれません。そうした場合は事前にかかりつけの医師とよく相談し、指示を仰ぐようにしてください。

脚注:

この記事を書いた人

佐藤悠紀

佐藤悠紀(サティ)

CBDのセレクトショップChloroo femmeの代表です。全て自分で試し効果実感やデザイン含め気に入った商品のみを販売しています。

Read more