CBDの効果を徹底検証!海外におけるCBDの研究レポートまとめ

CBDの効果を徹底検証!海外におけるCBDの研究レポートまとめ

目次

CBDって本当に効くの?

「最近、眠りの質が悪くてCBDを勧められた」

「頭痛にCBDが良さそうな記事を見た」など、

皆さん始められるきっかけは様々だと思うのですが、

恐らく一番気になるのは「値段に見合う効果が出るのか?」というところだと思います。私も自分で初めて使うまでは同じことを考えておりました。笑

 

残念ながら日本では薬として認められているCBD製品はまだなく、日本はCBD後進国のため、国内の研究は進んでいないのが現状です。

 

そうは言っても、「やっぱり楽になるなら買いたいんだよなー」と、迷っているあなたのために、今回は海外での研究結果をご紹介させて頂こうと思います。

 

症状別に目から鱗の実験結果もありましたので、ぜひあなたの症状にあった事例を見つけて見てください。 

※本記事で紹介している商品は医薬品ではありません
※CBDの効果効能に関しては、海外のレポートを参考にした「研究報告」のご紹介であり本サイトで販売している商品の効果効能を謳うものではありません。

 

不眠に対しての効果

 成人の21.4%が困っていると言われている不眠症ですが、アメリカでは劇的な改善調査の結果が発表されています。

 睡眠までの時間が平均62分 ⇨ 20分に

1,521人の不眠症の人を対象に行われた研究では、CBDを摂取した人たちが睡眠に落ちるまでの時間が平均して62分から20分まで減少。また、眠ってから起きてしまう回数も平均して4回から1回まで減少するという驚異的な調査結果が出ています。

 

参照(英語サイト):https://www.projectcbd.org/reports/cultivating-wellness/sleep

 

普段、なかなか寝付けない人や睡眠が浅くて寝た気分が味わえないとお困りの方にとってはかなり朗報ではないでしょうか。

 

 

偏頭痛に対しての効果

頭痛が55%軽減される。

 ヨーロッパ脳科学会が行った、頭痛患者に対してのCBDの摂取に関する調査では、48名の慢性的な偏頭痛患者に対してCBDの摂取テストを行いました。結果、平均して55%の痛みが軽減されるという調査結果に!

 

日頃から辛い頭痛が、普段の半分以下になるのであればかなり「有用」と言えるのではないでしょうか。

 

参考(英語サイト)https://www.ean.org/amsterdam2017/fileadmin/user_upload/E-EAN_2017_-_Cannabinoids_in_migraine_-_FINAL.pdf

 

 

不安や鬱に対しての効果

 不安に対するスコアが半分近くに

なかなか、睡眠時間や偏頭痛の痛みのように数値化しづらい不安や恐怖に対する実験ですが、こちらはアメリカの図書館からの調査資料です。

一人のトラウマを抱えた少女に対して、毎日約30mg(私たちも推奨している使用料です)のCBDを摂取してもらい、5ヶ月ほど毎日ドクターが診療する形で不安症のスコア算出したところ、元々34ポイントだった不安スコアが18ポイントまで減少。

 

最初は怖くて一人で寝ることも出来なかったのに対して、調査が終了する頃には、自分一人で部屋で寝ることが出来るようになったとのこと。

また、目立った副作用も特に見られなかったとのことです。

参考(英語サイト):https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5101100/

 

具体的に「幼い子供が一人で寝れるようになった」というのは効いていそうな感じがしますね。アメリカの国立図書館に蔵書されている内容でもありますので、信頼性も高いと思います。

 

さて、いくつか研究データをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?参考になったらぜひSNSでシェアして頂けると嬉しいです!

 

最後に

chloroo femmeでは本当に安全な、正式な税関審査を通過したCBD製品のみを販売しています。宜しければぜひサイトもチェックしていってください!

 

この記事を書いた人

佐藤悠紀

佐藤悠紀(サティ)

CBDのセレクトショップChloroo femmeの代表です。全て自分で試し効果実感やデザイン含め気に入った商品のみを販売しています。

Read more