テレワークの生活改善にもおすすめ?新しい生活習慣にCBDを取り入れよう

テレワークの生活改善にもおすすめ?新しい生活習慣にCBDを取り入れよう

目次

テレワークの拡大で自宅でお仕事をする方が増えていますね。

在宅勤務に伴ってこんなお悩みを持つ人が多いようです。


「自宅だとスイッチがなかなか入らなくて集中できない」

「外出できなくて上手くリフレッシュできない」


そんなお悩みの解決には、欧米で大流行中のCBD入りのアイテムがおすすめです!

CBDで「集中力アップ」と「リラックス効果」を手に入れて、ツラい時間を乗り切っていきましょう。


初めてCBDを聞く人もCBDってなんか怪しくない?と思っていた人もこの記事を読めば、CBDの魅力とどのように生活に取り入れると効果的か分かりますので、是非参考にしてください!


新しい時代に合ったアイテムを取り入れて、ストレスフリーで自分らしい生活を送りましょう。

CBDとは?

CBDとは大麻草に含まれる天然の有効成分のひとつで、リラックス効果や痛みの緩和などによりわたしたちの心身の健康をサポートしてくれる成分です。


CBDの安全性

大麻と聞くとハイになる違法薬物を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、違法とされているのはTHCという別の成分です。

CBD自体はWHO(世界保健機関)も安全性を認めており、もちろん日本でも合法な成分です。


CBDに期待できるメリット

CBDには痛みの緩和や自律神経を整える効果があるとされており、世界中で次のメリットが注目されています。


・偏頭痛の緩和

・不安症や不眠症治療の手助け

・生理痛やPMSの緩和

・てんかんなどの病気治療の補助


※もっとCBDについて詳しく知りたいという方はこちらの記事をチェックしてみてください。


CBDが在宅勤務・テレワークの生活改善につながる理由

CBDが生活リズムの改善に役に立つ理由は「リラックス効果」を手軽に味わえるからです。

それが生活改善につながるのはなぜ?と感じる方も多いはず。


詳しく知るために、まずは在宅勤務やテレワークの悩みについて理解を深めていきましょう。

在宅勤務・テレワークの悩みの原因

在宅勤務やテレワークでのお悩みは、これまで自宅から会社に行くまたは会社から自宅へ帰るというプロセスがなくなったことが一つの大きな原因です。


今までは、通勤時間を通して仕事への心の準備をしたり、仕事モードから家庭モードに切り替えたりと生活のON/OFFを行っていました。


しかし、在宅勤務になったことにより上手くON/OFFができない!

特にパソコンなどを使う時間が増えたり、運動不足になったことにより夜になっても身体が休息モードになりづらく結果として日中のパフォーマンスも上がらないという悪循環が起きてしまいます。


さらにそれが長期化することによって

・仕事に集中できない

・上手くリラックスできない

というお悩みにつながっています。


在宅勤務・テレワークのお悩みを改善する方法

在宅勤務やテレワークにはお悩みの原因から明らかになるように、改善には生活のON/OFFを切り替えることが必要と分かります。


しかし自分で自分の生活やマインドを上手くON/OFFするのは、みなさんが実感しているようにすごく難しいです。

気持ちのON/OFFは脳の自律神経つまり、交感神経と副交感神経のバランスによるものです。

そのため、ポチッとやる気スイッチを押してONモードに!…といきたいところですが、現実では難しいのです。


集中したい仕事モードの時は交感神経を優位に、休憩したりリラックスする時間には副交感神経を優位にと、1日の中で自律神経のバランスを上手くとっていくことが在宅勤務・テレワークの生活改善に必要です。


交感神経を優位にして仕事モードに

交感神経が高まると、身体が活動状態となり集中力も上がり仕事には最適なコンディションになります。ただし、交感神経がずっと高まっている状態だとイライラ、怒りっぽくなり身体も心も興奮状態となってしまいますので注意が必要です。


朝は仕事モードに切り替えるため交感神経を少しずつ高める必要があります。

習慣的にコーヒーやタバコで一服して気持ちをONしている方も多いと思います。実際のところ、カフェインもニコチンも交感神経を刺激し身体が活動モードになるスイッチとなります。


しかし在宅勤務・テレワークでコーヒーやタバコの消費する量は増えたけど数日続けたら、身体が慣れてきてしまって効果が感じられないという経験をした人もいるのではないでしょうか。そんな方には、軽く身体を動かして交感神経を高めていく方法がより健康的でおすすめです。


副交感神経を優位にしてリラックスモードに

パソコンやスマホ、テレビなどから1日中ブルーライトを浴びているわたしたちは、副交感神経を優位にしづらい生活をしているため自律神経が乱れがちです。

日中は交感神経を優位にすることで活動的な1日が送れますが、1日中交感神経が高い状態は不眠などの原因となります。

日中がONであるとすれば、夜には副交感神経を優位にし心身をきちんとOFFモードに切り替えることこそが重要です。


CBDのパワーは夜にリラックスモードを促すために使用するのが最も効果的です。

しかし、CBDは夜にしか使えないのかというとそうではありません。

実際には日中も優位になっている交感神経をCBDで時々ゆるめてあげることで1日のパフォーマンスをあげることができるのです。


具体的な方法を1日を心地よく過ごすポイントと共にご紹介します。

CBDと過ごす在宅勤務・テレワークの1日

さあ早速、在宅勤務・テレワークの1日をCBDと一緒に過ごしていきます。

どんな時に、何のために、どんなふうに使うのか、チェックしていきましょう!


朝:なんかダルい気分はCBDで吹き飛ばす

副交感神経が優位な朝は「なんかまだ眠いな」という気分からスッキリ目覚められない方も多いですよね。

そんなときは、朝CBDオイルを舌の下に数滴たらしてみましょう。

CBDのやや苦味のある味と香りで自然と身体がスッキリするという方が多いです。

朝に中濃度のこちらのアイテムがおすすめです。

 

 

CBDとコーヒー

朝に目覚ましがわりにコーヒーを習慣的に飲んでいる方は、コーヒーにCBDを数滴垂らすのがおすすめ。カフェのメニューにもあるくらいCBDとコーヒーの組み合わせはポピュラーです。


コーヒーのアロマとCBDのリラックス効果は朝のダルい気分を少しずつポジティブにしてくれます。同時にカフェインの覚醒効果が徐々に身体をお仕事モードに導いてくれます。


ブラックコーヒーのほか、バターコーヒーやカフェラテとの相性もバッチリ。

もちろん、他のドリンクや朝食に混ぜるのもOKですよ。


CBDと軽い運動

手っ取り早く身体の交感神経を高めるには、軽い運動が効果的と言われています。

太陽を浴びながらジョギングや散歩、家の中ならラジオ体操やヨガの太陽礼拝など少し動きのあるものが良いです。


運動前には準備運動の軽いストレッチとCBDオイルを忘れずに。

CBDを摂取しておくことで、疲労がたまりにくく呼吸も深くなっていくので身体中に酸素が巡り活力ある1日をアシストしてくれます。


昼:CBDでホッと一息ついて午後もひと頑張り

人間の集中力は長く続いても90分程度と言われており、適度な休憩を挟むことで仕事を効率的にこなしていくことができます。

午前中頑張ったら、ランチタイムには気持ちをゆるめることで午後もしっかりと集中することができます。


CBDと15分の仮眠

午後のパフォーマンスを上げるためには15分程度の仮眠が有効と言われています。

GoogleやAppleなど世界的大企業がこぞって仮眠を推奨してから、日本でもランチタイムに仮眠をとる人が増えました。


スムーズに睡眠に入れる人はいいですが、仮眠が習慣づいていなかったり交感神経が優位になり続けてしまったりすると、なかなか仮眠できないというジレンマに…。


そんな時は軽めにCBDオイルを取ると、身体の力みが自然と抜けてリラックス状態に入りやすくなります。

とはいえ、家だとそのまま寝ちゃいそう!という方は仮眠の前に緑茶やコーヒーなどでカフェインをとると、短い睡眠でもスッキリ目覚められます。


午前中にフル回転した脳に一度おやすみの時間を入れてあげることで、午後の集中力や創造力アップを期待できます。


CBDとマッサージ

在宅勤務・テレワークではほとんどの人が1日中パソコンと向き合っているのではないでしょうか。

集中していると、肩や首が凝ってきて酷い場合は偏頭痛を誘発することもあります。

そんな時はCBD保湿バームを塗って保湿を軽くマッサージしてあげるのがおすすめ。


[CBDリップ&スキン CBD 20mg 商品リンク]


保湿力が高いので荒れた唇のケアにはもちろん、全身の保湿に使える優秀なアイテム。

バニラと柑橘系の香りが女性に好評です。

こめかみに塗ってスッキリとリフレッシュ、目の周りに塗って乾燥対策などマルチに活躍します。


夜:CBDで1日の疲れを取る最高のリラックス時間を

CBDの力を1番感じることができるのは夜のリラックスタイム。

家で仕事をしていると、仕事が終わった後もちょっと気になってメールチェックをして…なんて切り替えができないこともありますよね。

しかし、明日も最大のパフォーマンスを出すために夜はリラックスタイムをきちんと設けることが大切ですよ。


リラックスタイムを設けることで、副交感神経が高まり身体が休息モードに入っていきます。身体のスイッチをOFFしてあげることで、質の良い睡眠にスムーズに入り明日の元気をチャージすることにつながります。

質の良い睡眠が取れれば、翌朝スッキリと目覚め活力が湧いてくることを実感できるでしょう。


[Social ヘンプオイルドロップス CBD 1,000mg 商品リンク]


CBDとバスタイム

湯船に浸かると身体のこわばりが取れ最高にリラックスできますよね!さらにお風呂にCBD入りのバスボムを加えれば、これ以上ないほど身体がほぐれていきます。

今日の疲れはしっかり取り去って、身も心も軽くしてベッドに入ることでぐっすりと眠りにつくことができますよ。


CBDとリラックスヨガ

生活改善の一環として、夜にヨガタイムを設けるのもおすすめです。特におすすめなのは身体をほぐしすリラックスヨガ。CBDオイルを数滴とったり、CBD入りのボディクリームを塗ったりすることでさらにリラックス効果が高まりヨガとの相乗効果を感じることができます。

欧米のヨガスタジオや瞑想スタジオでは、CBDを取り入れるのがすでにポピュラーになっており日本でもヨガ雑誌や人気のヨガ講師が取り入れて少しずつ認知度が上がっています。


在宅勤務中は運動不足、そしてデスクワークばかりで筋肉が硬くなってしまいますのでヨガをやったことがない人もYouTubeなどを見ながらトライしてみてはいかがでしょうか。

CBDとスキンケア

実は、CBDはリラックスだけに留まらず美肌効果も期待できる言われています。

CBDに含まれるカンナビノイドという有効成分は、元々わたしたちに備わっている調整機能を目覚めさせるパワーをもっています。


いくつかの研究で抗炎症効果や抗酸化作用が指摘されておりアンチエイジングや肌荒れの効果が期待されています。

普段の化粧水などにCBDオイルを数滴たらしてみることで、翌朝に肌のハリや赤みが引いていることを実感できるかもしれません。


CBDは刺激が少ないので敏感肌の方にも使いやすいとされていますが、自然由来の成分のため事前にパッチテストを行うなどして初めて直接使用する際は自分との相性を確かめるようにしてください。


まとめ:CBDで在宅勤務・テレワークの生活改善に役立てよう

いかがでしたか?


CBDを生活に取り入れてリラックス効果やその他のメリットに驚き今や生活になくてはならないアイテムになりました。


みなさんも生活の質を改善するお守り的なアイテムとして、CBDを使用してみてはいかがでしょうか?


生活改善にぴったりなCBD、興味のある方は是非chloroo femmeをチェックしてみてくださいね!

この記事を書いた人

tomomi

tomomi

毎日の生活で取り入れられる手軽な健康法や美容法に興味がありCBDと出会いました!趣味のヨガやデスクワークのお供にCBDを愛用中。

Read more